ないしょのはなし

メインブログでは言えない事と、ブコメにお返事など。

暑い、寒いは人によって体感が違う。更年期かもという話

今日は寒い。寒いと言ってもそこまでではないだろう。

そこまでなのか?

私がおかしいのか?

どっちなんだろうね。

 

今日の仕事でお伺いしたお宅のご主人は家の中で外に着ていく上着を羽織っていた。

そして、

「今日は寒いねー。雪降ってるのかと思ったよ!」

というのだ。

雪・・・・はないだろう・・・。

でも私は

カッパを脱ぐと、半そでTシャツだ。

 

確かに、寒いよ。

だけど、そこまで寒くないよね。

雪は大げさだよ。

本当の雪の日にはどう思うんだろう。

「氷河期かと思った」なんて言うのかな?

 

それに、ここ数日間暑かったじゃない?

完全に皮膚の温度センサーがバカになってるみたいで

私は、半袖Tシャツで全然大丈夫だった。

 

今日は寒いからって

奥様の入浴介助の浴室に暖房を入れてくれたけど、

汗が・・・止まんねー。

 

 

数日間夏みたいに暑い日が続いたので

体は、もう夏かと勘違いをしているのかな。

それとも更年期障害か・・・。

 

 

 

 

2022年4月14日

 

 

 

 

 

もしかしたらちょっとネグレクト?

また、ヘルパーの仕事なのに、もらってしまった。

本当はいけないのに。

焼き芋をまた焼いたんだって。

 

前回はその場で食べる羽目になったけど

今回は

焼き芋が2本ポリ袋に入れて

私のカバンの上に置いてあった。

 

笑ってしまう。

かわいいなぁ。(語彙力がないな。)

利用者さんのご主人なのに

かなりのお年のお方に対して

「かわいい」は無いな。笑。

 

だけど、ご主人は本当はかなりのストレス状態なのかもしれない。

認知症の奥様と四六時中過ごしている人って

絶対にイライラすることばっかりだよ。

家事全般をすべてこなすだけならいいんだけど、

会話もはずまないし、一方通行、

言う事はきかないし・・・

いろんなことが出来ない人に接するのは

非常に疲れるだろうな。

 

もしかしたら、ほんのちょっとネグレクト?

 

今日、帰りにそのお宅のベランダをたまたま見たら

ご主人の服だけ干されていた。

奥様の服はどんなサイクルで洗濯しているのだろうか。

ふといろんな疑問がわいてきた。

 

私は奥様をお風呂に入れるのが仕事であるが

一応ご主人が決めた通りにやっている。

 

〇着替えは、脱いだ服をそのまま着る。

〇紙パンツは取り替える。

〇バスタオル、体を洗ったタオルは

 折り畳み式のタオルハンガーにかける

 

 

奥様の服はどんなサイクルで洗っているか?

今日のシャツには汚れの首輪ができていたし、

ズボンにも食べこぼしの汚れがついていた。

 

紙パンツには尿一回分くらいたまっていた。

トイレには行けていないのか?

 

バスタオルはいつ洗っているのだろうか?

先週初めて知ったのだが

毎回私が帰った後

タオルハンガーを風呂場に入れて浴室の暖房をつけて

乾かしている。

もしかしたら、乾かしてそのまま?

 

 

もう何か月も私はここに通っていたのに。

いったい何をみていたのだろう。

 

 

ネグレクトってことは無いだろうけど。

じゃあ、なんだろう。

これが普通なのかなーー。

こういうのの線引きは難しい。

とってもデリケートなんだよね。

 

 

 

2022年4月8日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き芋と布袋さんはとっかかりなだけで本当は喋りたい?

またまた、頂いてしまった。
ヘルパーの仕事での事なので本当はダメ
なんだけど、もう断らないと決めたので。
マイルールに縛られてる。

その日は
焼き芋一つ食べて行って、って!!
どうやったのかわからないけど
焼いたんだって

もちろんいただいたよ。
もうね、味はわからない。
なんか、人の家の食べ物って正直苦手だ。
その家の匂いがする。
ないしょね。



焼き芋たべて、書類にハンコウいただいているときに

とうとつにご主人が
「音楽とかきくの?」
と聞いてきて、
私:「ききますよ」
ご主人:「なにきくの?」

言ったところで
わかんねーだろうな
と思ったので一瞬悩んだ。

あいみょん」とか「フランプール」とか言っても知らないだろうし。
もしかしたら知ってるかも・・と期待を込めて
私:「1990年代ごろの、Mr.Childrenとか。。。」と言ってみた。

ご主人「あーそう。」
薄いな、反応・・・。興味ないじゃん。知らなかったかな。

ご主人:「今ね、私は布袋さん聞いてるの!」
へぇーーー。
思わず、ご主人のあたまからつま先まで眺めてしまった。
以外だけど・・・・半端に古い。
ご主人の年代だと、演歌かと思っていたから、
ちょっと驚いた。

私:「夫も布袋さん好きですよ」

ご主人が嬉しそうに「えー✨そうなの???」って言うから・・・

ご主人:「ちょっと、とったのあるから見てって」
  録画したのがあるからみて!ってこと


帰りたいけど。
あ、そうだ。
私は、断らないって決めたんだった。

居間に通されて、大画面のテレビを見る羽目になってしまった。
帰れない。

ソニー製のでかすぎるテレビをつけると、音がスゴイ。
まるで映画館じゃない。
音が後頭部から回ってくる。
ソニーのスピーカーってこんな感じなんだ。
迫力ある!!

私に見せたかった布袋さんの録画がなかなか出てこない。
私は、このままずっと見つからなかったら、どのタイミングで「帰る」ってきりだそうか、
そんなことばっかり考えていた。
だから、早く見つかってくれーって祈ってたわ。

ようやく見つかって、無事視聴できた。
任務終了。

次は・・って言われないように、
最後の最後のちょっと前に
そろそろ失礼しますと切り出してみた。

その後、玄関から門のところまでお見送りしてくれた。
私も、ヘルメットをかぶっているのに
ご主人はまだ何か話している。
もう、10回くらいは聞いたことがある話を2度繰り返した。


もうね、ご主人は、誰かと話したくて仕方ないのかな??
誰でもいいんだろうね。
認知症で無口な奥様と会話が弾むことはない。

365日そんな感じだったら・・・・
つまんないもんね。



2022年4月2日

俺のミルク 3個ならいいよね

また、ものをもらってしまった。

もう、断らないって決めたからそれでいいんだけどね

f:id:akayamaqueen:20220327003328j:plain

俺のミルク

もらったのはコレ、飴3個

実は私、飴嫌い・・・・というか、苦手なんだよね。

飴舐めてると口の中の上あごが切れたりして痛いから。

ちなみにガムも嫌い。

噛んでるとムキになって噛むからイライラしてくる。

 

 

飴をくれたのは、利用者さんのご主人さん。

(私はヘルパーとして働いている)

そのご主人はこのⅭⅯを見て

俺のミルクが欲しくなってわざわざ買いに行ったんだって。

笑っちゃうね。

↓ ↓ ↓


www.youtube.com

 

 

知ってる?(このCMの事)

って聞かれたけどその時は

全く記憶になかった。

で、家に帰って検索してみたけど、

????

これか。

このCMを見たところでそれほど購買意欲はわかないけどな。

私はね。

 

 

だけど、もう、

私に何かあげたくて仕方ないようにも感じてくる。

 

こんな飴ならいいんだけど、

そのうちに、

車とか土地とかになったら

どうしよう。笑

 

って、そんなことないな。

でも、誰にもばれずに頂戴する方法を考えておかないと。

なーんてね。笑

 

 

 

2022年3月27日

 

 

※先日のねこの絵・・・気に入ってもらえた!!

イマイチ似てなかったけど。

こんな絵をアイコンにするなんて、やめた方がいいですよ。笑

今の写真の方がずっとずっとかわいい💛

 

 

 

ヘルパーは何もいただけないけど

ヘルパーの仕事って利用者さんに何かものをもらったりすることは

禁止行為なんだよ。

利用者さんの方は、なぜか、ものをあげたくなってしまうの?

ちょっとわかる気がするけど

禁止事項はちゃんとケアマネとか誰かから説明されていると思うんだよね~。

 

 

実は、私は、(本当はいけないんだけど)断らない。

断ろうとすと、その後延々と、

「いいから、誰にもいわないから、」

という押し問答みたいなことが続くのが苦手だ。

 

だから、いつもありがたく頂戴している。

 

 

先日、

利用者さんのご主人が

家の扉のペンキを塗ったそうで

なんだかちょっぴり自慢げというか

褒めてほしい・・・みたいなオーラがあふれていて・・・

でも、考えてみたら扉一枚だとしても

おじいさんが一人で、ペンキを塗るのは大変な作業だろう。 

 

「すごいですね!一人でやったんですか?

おいしそう。チョコレートみたい!!」


チョコレートみたいにテカテカした茶色のペンキが塗られていた。

 

 

 

「チョコ好きなの?」

とご主人に聞かれて

「はい」と即答した。

 

 

チョコ嫌いな人っているのかな?

 

 

そんなやり取りをして、

奥さまをお風呂に入れるという

ヘルパーの仕事を終えて帰り際に

明治の板チョコを一枚手渡された。

 

チョコ好きなんでしょ?って。

だから、チョコ嫌いな人の方がそんなにいないでしょ。

 

こんな時も私はありがたく頂戴している。

 

 

 

2022年3月22日

 

 

 

イラスト 気になるアイコンのねこを描いてみた

最近、スマホのアプリでお絵かきをしている。

使い方がよくわからなかったけど

やりながらなんとなくわかってきたような・・・

そうでもないような・・・

長男にきくと

このアプリ使った事ないくせに

チャチャっとやってのけるので

羨ましい。

○○世代・・・○○分からんけど

こういうキカイに強い世代ってことかな。

 

 

ずっと前から

アイコンの画像が気に入っていた。

無防備な顔のねこちゃんに癒される。

 

ずっと見ていたら

絵に描きたくなって

だけどなんか違うのよ。

うまく描けないから

もうこれでいいや。

 

とりあえず

お披露目

f:id:akayamaqueen:20220317134850j:plain

なんか違うんだけどな・・・

 

ハハハハ。

なんか違うけど

どこをどうしたらいいのやら

もう煮詰まってしまってどうしようもないのでこれでいいか・・・

 

絵を描くのって難しい。

 

 

 

2022年3月20日

人の悩みに共感はいらない。

人が悩みを打ち明けてきたとき、

理解したいという気持ちから、

「わかります~」

などと軽々しく言ってしまうことがある。

多分ぜんぜんわかってないのに。

 

 

悩みを打ち明けた人は

「わかります〜」

と言われて、良かったと思うだろうか?

まれに、わかってもらえて嬉しいと思うけど、

不信感を抱いてしまうこともある。

 

だって、

この悩みは自分たけのもの。

自分以外にわかる人なんているわけない。

違う?

 

だから、悩みを打ち明けられたら

それを真剣に聞く

 

それだけでいいんだよね。

 

打ち明けるという行為が

すでに

その人の解決の糸口になっているんじゃないかな。

 

共感さえもいらない。

 

そうだったんだ。

そんなことがあったんだ。

そんな風におもっていたんだ。

 

このような返事だけでも

いいのかもしれない。

 

そんなふうに考えられるようになったのは

次女のおかげだ。

 

次女が悩みを打ち明けてきたとき

私はつい、アドバイス的な余計な一言二言三言・・・を言ってしまうクセがある。

それでどうなるのか?

次女は、怒ってしまう。

 

私の心の声:なんでだろう?あんなにいろいろ考えて言ってあげたのに。

 

慰めたくて、頑張ってほしくて言ったことたけど、受け止める側からすると

 

そんなのわかってる

わかってるのにできないから悩んでる

 

みたいなことかな?

余計な一言で相手を不快にさせるくらいなら

何も言わないほうがいい。

そう悟ったのだ。

 

 

なのに先日また

余計なことを言って怒らせてしまった。

😅😅😅やれやれ。

 

 

2022年3月4日